ホーム > Q&A > Q&A 屋内玄関の御影石が劣化を抑える方法を教えてください。

Q&A 屋内玄関の御影石が劣化を抑える方法を教えてください。


Q
屋内正面玄関階段の御影石(白御影)が劣化し一部の表面が手で触っただけで石が剥離します。
昭和初期の建築物で周囲との景観を損ないたくなく、且つ最適な補修方法を検討しております。
これ以上劣化が進行しないコーティング剤や施工方法を教えて下さい。

A
写真拝見いたしましたところ、御影石の中でも柔らかいシェニートモンチーク系の石で、
風化による自然剥離ではなく、風化と歩行の衝撃による剥離のようです。
実際のところ現状で弱い部分を全て取り除き補修をしても、
また早い時期に同じようは状態になりそうな気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
確実な方法はないのですが、現状を可能な限り長持ちさせるには保護剤を試してみる以外は思いつきません。
下記にいくつかの方法を記載いたします。
いづれも汚れをきれいに洗浄してからの保護剤塗布作業となります。
欠けている部分を補修する場合は、保護剤塗布作業前に補修してください。

【クリアコートを使用する】 http://kobe-yumebiso.co.jp/SHOP/00064.html
クリアコートは御影石にも適していますが浸透性吸水防止剤ですので、湿気や水を吸う事を抑える事により風化や汚れの付着を防ぐ効果があります。

【ストーンパワーNewを使用する】 http://kobe-yumebiso.co.jp/SHOP/00175.html
ストーンパワーNewは軟石用の石材強化剤ですが、御影石の中でも柔らかい石なのと、歩行の衝撃によるカケや小さな亀裂が多い事、などを考えると試してみる価値はあると思います。
よく浸透する部分とそうでない部分で、色むらが起こる場合があります。

ストーンパワーNewを施工後にクリアコートを施工すると、より吸水防止効果が上がります。
(クリアコートを施工後にストーンパワーNewを施工する事は出来ません。ご注意ください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【欠けた部分を補修をする場合】 http://kobe-yumebiso.co.jp/hpgen/HPB/entries/28.html
欠けた部分を補修をする場合は”テナックス”もしくは”アケミ”と言う樹脂の補修材が定番でよいと思いますが、段鼻(階段の前角)部分は補修してもまた欠けてしまう可能性はあります。

【水垢を洗浄する場合】 http://kobe-yumebiso.co.jp/hpgen/HPB/entries/26.html
水垢を洗浄する場合は”さびとれ花子”もしくは”パワー花子”が定番で良いと思います。

【ワックスを除去する場合】 http://kobe-yumebiso.co.jp/hpgen/HPB/entries/26.html
ワックスを除去する場合は”アルクリーナー”もしくは”ハクリセーフ”が良いと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【キーワード】
メンテナンス 風化防止 御影石 補修 保護剤 洗浄剤

広告
カテゴリー:Q&A
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。